DRAW4 MEMBER

Draw4テスター

中野 裕夫

SONY DSC

中野裕夫
所属クラブ エギングチームIKARAID

 

和歌山県の中紀から南紀をメインフィールドとし、年間を通じエギングを中心に、オフショアゲーム・アジング等、様々なルアーフィッシングを楽しんでいます。

 

エギングを始めて10年近くになる僕ですが、Draw4との出会いは衝撃的で、『すごい潮噛み良いエギや!』と思ったことを今でも鮮明に覚えています。
アクションに関しても、3Dダート、フラッシュジャンプ、ホバリングスライド、バンジーフォールと本当に多彩なアクションを演出できるエギだと思いました。
そんな僕のエギングスタイルのメインは、潮の流れを意識した釣リ方です。
そしてこの僕を支えてくれているエギが、Draw4です。
Draw4の気に入っているところは沢山ありますが、その中でも一番は、先にも書いた潮噛みの良さです。
なぜかというと、僕自身、夜の釣行が多く、昼間とは違いラインの角度や、エギの流れる方向など視覚での情報量が少ない中でも、潮の流れの変化など(流れの強弱、流れのきいているレンジ、流れのヨレなど)沢山の情報を与えてくれるからです。
また、潮噛みが良いということは、フォールの安定性にも繋がると思います。
フォールが安定しないと、イカに抱かせる間を与える事が出来ず、せっかく興味を示したイカを逃してしまうことになりかねません。
しかしDraw4は潮噛みの良さから、その間を与える事ができます。

僕がDraw4で釣り上げた最大のイカは3.5キロです。
このイカを掛けた日は、少し高い足場で、右後方から風が吹き、波気もあり、決してやりやすい状況ではありませんでした。
そんな中エギングを開始し、潮は左沖向きに流れていました。
ですが、キャストを繰り返していく中で、一箇所だけ真っ直ぐ沖向きに流れている所を見つける事ができました。
Draw4はこのような流れの変化をいち早く伝えてくれるのです。
そして、この流れを重点的に狙い流していると待望のアタリがあり、上がってきたのが、自己最大のイカでした。
このイカをきっかけに、僕のDraw4への信頼はさらに増しました。
今現在3.5号を始め、2.5号・3号・3.5号DEEPタイプとサイズも増え、さらに様々な状況に対応出来るようになりました。
これからも僕にとってDraw4は最高のパートナーであり、最大の武器です。

 

2015.04.17 16:16
back
index

ページトップに戻る