EXPERT TECHNIC

Draw4モニター綱崎恭平

ライトエギング

ヤリイカ手持ち
エギングのメインターゲットとなるアオリイカは黒潮域にあるエリアなど地域によっては年間を通してショアから狙って釣る事が出来ますが、ハイシーズンは基本的に春と秋であり真冬や真夏はオフシーズンとなるエリアがほとんどです。

しかし、アオリイカのオフシーズンでも夏であればケンサキイカやスルメイカなど冬であればヤリイカなどのツツイカをエギングで釣ることができます。
私自身も冬場には極端に水温が下がりアオリイカのオフシーズンとなる真冬の日本海でヤリイカを狙ってのライトエギングを楽しんでおり、夏場には宇和海でケンサキイカやスルメイカを狙って夕涼みがてら釣行して、年間を通してエギングを楽しんでいます。
今回はオフシーズンでもエギングを楽しめるライトエギングを紹介します。

20150701_192347

タックル
ライトエギングにおけるタックルではエギングロッドではなくアジングロッドやメバリングロッドの固めでキャロやスプリットショットリグをキャストできるライトゲーム用のロッドががオススメです。
ツツイカはアオリイカよりも小さく引き味は劣るもののライトゲーム用のロッドを使用することで、アタリはよりダイレクトに伝わり、引き味も楽しむことができます。
また、感度もよく、より繊細な釣りを展開することができます。
ライトゲーム用のロッドが無い場合はエギングロッドでもOKです!

リールに関してはロッドとのタックルバランスも考えスピニング1000~2000番あたりを使用し、ラインはPEライン0.2~0.4号、リーダーはフロロカーボンライン1.5~2号を使用します。

darw4
そして、エギはカルティバ『Draw4』の2.5号を使用します。
『Draw4』はシルエットが細めでツツイカ系のイカにも実績が高くオススメです。
また、エギとリーダーの結束はカラーチェンジをスムーズに行うためにスナップを使用して結束しますが、エギのサイズとのバランスや操作性、感度なども考慮して小さめのスナップがオススメで、私はサイズがS~Lと幅広く展開されているカルティバ『耐力エギスナップ』のSサイズを使用しています。

20150701_192415
タックルの一例
ロッド/アジングロッド7フィート前後
リール/スピニングリール2000番
PEライン/カルティバ マイクロゲームPEハイライト 0.4号
リーダー/ザイト 磯フロロ 1.5号
スナップ/カルティバ 耐力エギスナップ S
エギ/カルティバ Draw4 2.5号

o0720040513008951925

釣り方
アクションに関しては、以前、常夜灯下で動きを確認しながらサイトフィッシングをした際に激しいアクションやエギの頭が下がりフォールスピードが速いフリーフォールには反応が悪く逃げてしまい群れが散ってしまう姿が見られました。
ツツイカ系に対して激しくアピール度が高いアクションは逆効果のようです。
よって、エギの動きは「フワッフワッ」っとスローな動きがオススメです。
優しくスローに2~3回シャクってはカウントを取りながらカーブフォールさせたり任意のレンジをスローリトリーブさせてアプローチしていきましょう。
またステイさせてエギの動きを止めるのもいいでしょう。
また、ライトゲーム用のロッドを使用していますので、激しくシャクッたりするとロッドの破損にも繋がります。
キャストも優しくふんわりとキャストしましょう。
軽くキャストするだけでラインも細いので十分な飛距離が得られます。

そして、ヒットしたらリールを巻きながら優しくアワセを入れ、一定のスピードを保ちながらやり取りします。
足元まで寄せてきたらいよいよランディングですが、ツツイカは抜き上げようとするとゲソが短いので身切れによるバラシの確率が高くなります。
また、良型の無理な抜き上げはライトタックルですのでロッドの破損にもつながりますので厳禁です。
タモを使って確実に取り込みましょう。

これから夏の時期にはアジングなどライトゲームをする際、常夜灯下にケンサキイカやスルメイカなどが現れたり、ワームにアタックしてくる場面に出くわす事もあるかと思います。
ライトエギングがメインの釣行でなくてもエギを1本バッグに忍ばせておいてはいかがでしょう?

私、自身ライトエギングに関してはアジング中に突如現れたイカを釣るとこから始まりライトタックルならではの繊細なエギングの魅力に取り付かれアオリイカのオフシーズンにライトエギングメインでも釣行するようになりました。
また、ヤリイカやケンサキイカなどツツイカは食べても非常に美味しいイカですので釣るだけでなく食べる楽しみも魅力のひとつです!
みなさんも是非チャレンジしてみて下さいね!

o0720040513003740276

2015.07.22 11:49
back
index

ページトップに戻る