EXPERT TECHNIC

Draw4フィールドモニター 山本剛

Draw4派? RIDE派? 使い方を徹底検証

image2

皆さんはDraw4とRIDEをどう使い、どのように2種類のエギを使い分けていますか?

まず4号のMonster the RIDEは大きな特徴が2つあるので個人的なインプレッションから書いていきたいと思います。

image4

従来のDrawでも掛かりの良かったカンナ部分ですが、RIDEは全く形状の異なる『横抱き対応カンナ』を搭載することにより私自身発売以来RIDEで釣ったイカは確実にフッキング出来ていている事が大半です。
横抱き時以外でも針刺さり抜群です!
よってRIDEで掛けたイカを安心して上げて来ることが出来るのでファイトを楽しむ事が出来ます。

次に大きさについてですが、大きなボディーでゆっくりと大きなダートをさせることでイカを誘う喰わせの釣りが可能になりエギ自体のシルエットが大きくなったことからアピール力も抜群です。

次は私が思う2つのエギのメリットをお伝えしたいと思います。

image1

Draw4は…
カラーバリエーションが豊富でサイズも2.5号、3号、3.5号、3.5号DEEPがあるので色々なローテーションでその日のヒットパターンを探す事が可能です。
潮噛みも良いので流れを見つけやすく、流れの強弱でサイズを落としてエギを軽くし潮に馴染ませることが出来ます。
また潮の流れの中でもシャクリ重りが少なく、動きにキレがありキビキビ動かしたり素早く細かなダートをさせやすいので私にとっては攻めのエギです。
ダート後は不自然な動きが少なくスムーズにフォールに入る事が出来てイカに警戒心を与えにくいのも大きな武器のひとつです。
強い流れの中、逆に潮の流れが無くその状況下で僅かな流れを探す場面ではDraw4がオススメです。

RIDEは…
まだカラーバリエーションは少ないものの従来のDraw4から実績のあるカラーと、RIDEオリジナルカラーで厳選されておりどのエギをチョイスしても間違いないです。
Draw4とRIDEを並べ上から見るとボディーの形状が少し太めなのが分かります。
エギサイズを大きくしただけでなくボディー形状がDraw4とは少し違う物になっていて潮受け面積が多いので潮噛みが良いため今まで3.5号では流せないゆっくりとした潮の流れの場合3号に変えて対応していたところ今は同じ場面でRIDEを使う事もできるようになり釣りの幅が広がりました。
またウネリのある時でも大きなボディーでフォールの安定感は抜群です。
アピール力に長けているのでフォール後そのままボトムにステイさせて使う事も多々あります。
使った感じは他社の4号よりシャクリ重りが少なく扱いやすいのも特徴です。
私はこの2種類を全く別物のエギと考えて使用することがあります。

エギが大きいからデカイカシーズン用という固定観念を捨てて水深の浅い場所や、ゆっくり沈めてジックリ見せたい場面などでもRIDEを使います。
表記された沈下速度は3.5号と同じ3m/秒でもボディーが大きい分ロッドコントロールとライン操作でDraw4よりゆっくり沈める事が出来るからです。
使い方としては自分の中では沈下速度の遅いシャローのエギとして使ったりしています。
同じような場面でゆっくり見せるという観点から3号や2.5号を使う事も沢山ありますが、RIDEの方がアピール力が大きいので活性の高い個体を拾いやすい事からまずはRIDEからスタートします。

最後になりますが、自分自身がDraw4派?RIDE派?と聞かれればその時の状況次第!と答えます。
状況に合わせてどちらも自分には必要なエギですから!

ただ共通して言えるのはDraw4もRIDEもイカを釣るという楽しさ以外に釣るまでの過程を楽しませてくれるエギだと思いますので皆さんも是非楽しめるエギで楽しい釣りをしてください!

 

 

2016.02.04 10:46
back
index

ページトップに戻る